マネー

ネットで完結!手数料が安い!おすすめ海外送金サービスの開設方法-TransferWise編

transferwise(トランスファーワイズ)ロゴ

こんにちは! ユーリ(@firipedia18)です!

海外送金に関わっている方って意外と多いんですね。。

というのも、フィリペディアでの人気記事の一つにランキングしているのは、何を隠そう海外送金サービスについての記事なんです。

でも、すみませんでした。。。

以前にご紹介したサービスでは、僕が使用していなかった用途での利用を希望される場合に、対応できなかったということが判明しました。

それは、"送金通貨の指定"や"海外から日本側での受け取り"です。

そこで今回はその部分が解決できるおすすめの国際送金サービス『TransferWise(トランスファーワイズ)』をご紹介します!

こちらのサービスもネットで完結するうえ、手数料が安い!

送金通貨を指定したい、外国から日本へ送金したい、という方はぜひ!

海外送金サービスTransferWise(トランスファーワイズ)とは?

transferwise(トランスファーワイズ)ロゴ

トランスファーワイズとは、英国のフィンテックユニコーン企業(企業価値が10億ドル以上の未上場企業)です。

世界の銀行のシステムはアナログ・オフライン業務でやりとりが行われ、国際的に活動する方のためにはできていません。

TransferWiseなどの金融とテクノロジーを融合させたFinTechと呼ばれる分野で、国境のない送金ができるようシステムを開発しています。

2011年に英国とユーロ圏でサービスを開始し、現在は日本を含む『60カ国』に対応、54通貨で送金が可能となっています。

ココがポイント

  • 14の海外拠点(世界中にオフィスがあります)
  • 約6,000億円(毎月海外送金されている金額)
  • 800万人(TransferWiseのユーザー数)
  • 約1,800億円(海外送金で節約された金額)

海外出稼ぎ労働者や移民はもちろんのこと、外国での留学生といった層の需要を掴み、ここまで成長してきたわけですね。

ちなみに、欧州の約170のユニコーン企業のうち、35%は英国で生まれたそうです。

この背景には、政府側の金融後押しのほか、オックスフォード大学ケンブリッジ大学といった世界トップレベルの大学を抱え、多くのIT人材を輩出していることも関係しています。

TransferWise(トランスファーワイズ)の仕組み

このサービスを使ってどのようなことが実現できるのか

従来の海外送金の問題点やテクノロジーを使ったTransferWiseでのお金のやり取りが、どのような仕組みになっているかについての紹介動画があります。

下の動画を再生してご覧ください。

TransferWise(トランスファーワイズ)を日本語で開設する方法

それではさっそくTransferWise(トランスファーワイズ)のアカウントを開設する方法をお伝えします。

ワールドレミットとは違い、ホームページが日本語に対応しているので、英語に不慣れな方でも簡単に利用可能です。

なおこのサービス、実は個人アカウントの他に法人アカウントが作成できます。

ただ今回はあくまでも個人利用の場合での紹介とさせてください。

アカウント開設手順

個人の場合、アカウントの開設はいたって簡単です。

step
1
TransferWise(トランスファーワイズ)のページに移動

こちらをクリック

step
2
画面右上にある「会員情報」をクリック

クリックすると会員登録フォームに移動します

step
3
フォーム入力

「個人アカウント」を選び、メールアドレス、パスワード、居住地の国(日本に住んでいれば日本を)を選択し、最後に「会員登録」ボタンをクリック

step
4
Eメールアドレスの確認

登録メールアドレスにメールが届くので、メッセージ内の「メールアドレスを確認する」をクリック

これでアカウントの開設は完了です!

TransferWise(トランスファーワイズ)で送金する方法

実際の送金方法は、デビットカード、クレジットカードから、またはオンラインバンキングから通貨を入金するパターンがあります。

送金時に送金通貨が選べることは、ワールドレミットにはない強みです。

一点、実際に日本から送金を行う際は日本の規制により、個人情報の入力(氏名、生年月日、電話番号、住所、主な職業など)が必要になります。

また、本人確認資料の提出も必要なので対応しましょう。

海外送金関係は、このあたりがつまづきポイントなので、時間に余裕を持った送金を心がけるのが良いと思います。

結論:やはり国際送金では銀行を使わずにオンラインで

海外送金サービスは利用用途によって、どこが一番とは言えません。

これは従来の銀行送金と同じで、ある人にとってはA銀行の海外送金サービスが使いやすいけど、別の人にとってはB銀行のほうが合っていたりします。

今回のサービスは送金通貨を選択したい方や海外からの送金を日本で受取りたい方にはピッタリといえるでしょう。

自分にあった送金サービスでお得に国際送金を利用してみてくださいね!

便利でお得な国際送金サービスTransferWise(トランスファーワイズ)

  • この記事を書いた人
ユーリ

ユーリ

1980年代生まれの不動産屋歴7年のサラリーマン。都心で述べ6000件超の仲介取引に携わってきました。19歳の頃にフィリピンパブで働き始めたのがきっかけとなりフィリピンという国と交流開始。セブ島がメイン。フィリピン総合情報を発信中。広告掲載をご希望の会社様/提携企業パートナー様の登録についてもお気軽にご連絡ください。

人気の記事一覧

Philippine National Bank Logo 1

Views: 6,222 ユーリです。(@firipedia18) いや、ほんと日本にいながらフィリピンの銀行口座の開設の方法を調べても欲しい情報出てこなくないですか? 現地に着いてから口座を作る方法 ...

素人フィリピーナとデートしたい?それなら出会い系アプリ・サイトがいま熱い! 2

Views: 13,322 ユーリ(@firipedia18)です! 今回は「フィリピーナとデートしたい!」「フィリピーナの嫁を探している」という、フィリピーナと現実的に恋愛を見据えた発展を望んでいる ...

フィリピン高層ビルの上空夜景ビュー 3

Views: 1,744 ユーリ(@firipedia18)です。 「フィリピンで不動産の購入を考えてるけど、そもそも不動産投資が初めてだし何もわからない。。。」 このように、そもそも不動産を買いたい ...

-マネー

Copyright© フィリペディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.