セブ島中心に日常生活から観光までリアルなフィリピン情報をブログサイトでお届け

フィリペディア

語学

英語も通じる!フィリピンの公用語は?

更新日:

英語も通じる!フィリピンの公用語は?

ユーリです。(@firipedia18

はじめてフィリピンに関わるまでは、フィリピンが英語も通じる国であるとは知りませんでした。というか、むしろ英語もほぼネイティブの感覚だと思っています。

それと同時に彼らが話す国語があります。それはタガログ語(フィリピノ語)です。

ということでフィリピンの公用語は英語と国語であるタガログ語です。2つも公用語があるという感覚、僕ら日本人にはなかなか想像できませんよね。

今回はその背景について見ていきたいと思います。

なぜフィリピンは英語が公用語になった?

フィリピンに行けば、空港を始めとして街の看板から商品のパッケージまで、ありとあらゆる場所に英語が溢れていることに気が付きます。もちろんセブも例外ではありません。

パッケージだけではなく、実はタガログ語自体も英語がほぼそのまま使われていることさえあります。

では、なぜ国語であるタガログの他に英語が公用語になったのか、その背景はフィリピンという国自体の歴史的背景がありました

フィリピン共和国独立宣言とアメリカとの戦争、そして統治

いまから100年以上も前の1898年、米西戦争が起こった際に当時スペイン領であったフィリピンをアメリカが侵攻。後に初代大統領となるアギナルド氏はアメリカに協力することで独立を保証されると考え、フィリピン軍はアメリカ軍とともににスペイン軍を攻撃、結果スペイン軍を降伏させました。

同年12月、米西戦争の講和条約としてアメリカとスペインの間でパリ条約が締結。これによって当時スペイン領であったスペインはアメリカに2000万ドルで譲渡されることが決定しました。これはもちろんアメリカに協力することで独立が実現されるというアギナルド氏の思いとは異なるものでした。

翌1899年にフィリピン共和国は独立宣言を行い第1次フィリピン共和国が誕生します。しかし、アメリカはそのフィリピン共和国の独立を認めないわけです。そしてフィリピンとアメリカの戦争が勃発。1902年にアメリカによる制圧、フィリピンは敗北します。

ここから実質的なアメリカによる統治・植民地が始まったんですね。フィリピン全土における徹底的な英語教育です。

その後日本の侵攻などを経て、第二次世界大戦後の1946年7月にアメリカからフィリピンが独立し現在のフィリピン共和国が成立しました。

英語は約50年間という半世紀にも及ぶアメリカの統治によって浸透したといえるでしょう

フィリピン語の中にはスペイン語が由来のものもある

前述したように、アメリカの統治の前にはスペインによる統治下であったフィリピン。333年間にも渡る長い支配でした。そのため、現在の公用語である英語の前には、スペイン語が公用語として使われていた時代もあったんです。

僕は英語以外の言語はタガログ語が初めてだったんですが、スペイン語もそのあと少しかじっていまして、スペイン語の中にタガログ語とまったく同じ単語もあったりして驚いたのをよく覚えています。※例えばコップはタガログ語でもスペイン語でも「バーソ(baso/vaso)」です。

タガログ語を覚えたあとにスペイン語を覚える、またはその逆でも学習しやすいかも?と思ったりしています。

フィリピンとしての公用語はタガログ語

フィリピンは実は7000を超える島々からなっている国で、日本も地域によって方言があるようにフィリピンにも多くの言語が存在すると言われています。

しかし、それぞれの民族が自由に話していたら国として意思疎通が図れないということもあって、政府がタガログ語を国語として使用するように決定したという背景があります。

実際に、セブに行ってもタガログ語は通じます(理解できる)。マニラに行けばタガログ語がメインです。

セブ島はセブアノ語

僕らのセブ島です。セブ島は何語が使われているのかと思ったかもいるかもしれませんね。セブではビサヤ地方の中の一つであるセブアノ語が使われています

ぶっちゃけですが、タガログ語を勉強したとしてセブアノ語にはまったく活きません。。(泣)

「まったくとは言い過ぎた!」という方も中にはいらっしゃるかもですが、ほんと違うんですよ、、語尾が変わるとかのレベルじゃないです。

お恥ずかしい話、セブメインで情報発信はしているものの、タガログ語に比べてセブアノ語のほうはまだまだ理解できていません。

なので、フィリピンでも英語以外の言葉を覚えたい!というかたは、どこで何地方の言葉を覚えるかは決めておいた方が良いでしょう。

セブ島に行くなら英語もフィリピン語もセブアノ語もミックスでOK!

アメリカによる統治の影響で街中にあふれるようになった英語が、終戦後のいまでも公用語として使われているのは英語がもともと世界で使われている実質的な国際語であったことも影響しているように思います。

そして国語であるタガログ語(フィリピン語)はセブ島の人々同士ではあまり話されていませんが、理解はできます。メインはセブアノ語です。

ということで、セブ島では実質的な公用語は3つ!とはいえ、日本の地方で方言があるように、セブ島ではセブアノ語を話すと喜ばれます。

コミュニケーションを取るなら、自分が話してみたい言語を選ぶといいのかなと思います!話してみたいという気持ちの方が大事ですからね!

 

  • この記事を書いた人

ユーリ

1980年代生まれの不動産屋サラリーマン。独身。日本在住。19歳の頃にフィリピンパブで働き始めたのがきっかけでフィリピンという国との縁が始まる。セブ島がメイン。知っている範囲でのリアルな情報を発信中。サイトスポンサー/提携企業パートナー様も募集しています。

-語学

Copyright© フィリペディア , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.