ヴィスタ・ランド | Vista Land

ヴィスタ・ランド概要

Vista Land(ビスタランド)は、フィリピンの実業家であり億万長者の Manuel Villar(マヌエル・ビリヤル)氏率いる Villar Group of Companies(ビリヤル・グループ)傘下の、もっとも急成長している不動産開発会社の一つです。​

地方都市の開発を強みとし、低価格住宅からハイクラスの住宅まで幅広く手掛けています。またビスタランドは、Vista Mall(ビスタモール)というショッピングモールのチェーンを運営していることで知られています。代表取締役社長は Manuel Paolo A. Villar氏。

歴史

ビスタランドは、ビリヤル・グループ現会長のマヌエル・ビリヤル氏によって2007年に不動産開発会社として設立されました。同社は、居住用不動産の開発・販売、小売業および業務プロセスのアウトソーシング事業、リゾート、ホテル、クラブ、スパ等のその他事業の開発・運営等を行っています。

受賞歴

​2017年の PropertyGuru Property Awards において、同社のプロジェクトである「Vista Taft」(ビスタ・タフト)は、「Best Universal Design Development」(ベスト・ユニバーサル・デザイン開発賞)および「Best Affordable Condo Development」(ベスト・アフォーダブル・コンドミニアム開発賞)を受賞しました。

開発地域・プロジェクトの特徴

同社は、5つの子会社(「Brittany」、「Crown Asia」、「Camella Homes」、「Communities Philippines」、「Vista Residences」)を保有し、この5つのブランドを通じて事業を展開しています。

「Brittany」(ブリタニー)はマニラの高級住宅市場に対応しており、マスタープランのコミュニティに豪華住宅を提供しています。価格帯は1200万フィリピンペソ以上となっています。

​「Crown Asia」 (クラウン・アジア)は、メトロマニラ地域の中所得層を対象としており、400万ペソから1200万ペソの住宅を提供しています。

「​Camella Homes」(カミラ・ホームズ)は、メトロマニラで、80万ペソから400万ペソの低価格な住宅セグメントを対象にしています。

「Communities Philippines」(​コミュニティ・フィリピン)とその子会社は、低コストで手頃な価格の中所得者層向けに、メトロマニラ地域以外の住宅を提供しています。​

「Vista Residences」(ビスタ・レジデンス)は、メトロマニラ地域で高層コンドミニアムを提供しています。プロジェクトを総合して、多くの中低価格住宅を提供していることでも知られています。また、ミンダナオ島やセブ島に多くの物件を持っており、地方都市の開発も得意としています。

執筆者: ユーリ

Copyright© フィリペディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.