アマイア・ランド | Amaia Land

アマイア・ランド概要

​Amaia Land Corp.(アマイア・ランド) は、フィリピンを代表する財閥 Ayala Corporation (アヤラ・コーポレーション)が展開する、フィリピン最大の不動産開発会社 Ayala Land Inc.(アヤラ・ランド)の完全子会社です。アヤラランドはその不動産事業の中で、5つの異なるブランドを展開しており、それぞれ異なるターゲット層を設定しています。

その5つとは、Ayala Land Premier(アヤラランド・プレミア)」「Alveo(アルベオ)」「Avida(アヴィダ)」「Amaia(アマイア)」「Bella Vita(ベラヴィタ)で、中でもアマイアは、より多くのお客様へ、手に届く価格帯にて良い品質をお届けしたいとの思いで、アフォーダブルな価格帯の不動産を開発・販売しています。

歴史

現在はアヤラランド傘下のアマイアランドですが、当初は 、Laguna Properties Holdings Inc. (LPHI) 傘下の First Communities Realty, Inc. として1990年に創業しました。アマイヤランドは当初より、フィリピンの不動産市場の34%を占めるアフォーダブル市場に注力しています。代表取締役社長は Robert S. Lao氏。

開発地域

アマイヤランドの手掛ける地域は幅広く、アマイヤランドの手掛ける地域は中心地以外の地域(セブ、カバナチュアン、ラグナ、タルラック、パンパンガ、カヴィテ、ケソンシティ、バコロド等)を中心としています。

プロジェクト物件例や特徴

手掛けるプロジェクトは、コンドミニアムやタウンハウスから戸建てまで、多様なニーズに対応しています。主なターゲット層は、フィリピンの大部分を占める労働者階級で、公務員、教師、製造業社員、中小企業経営者、起業家、海外で働くフィリピン人家族​など、幅広い層に対応しています。

例えば、Amaia Steps Mandaue(アマイア ステップス マンダウエ) は、南部セブのクィーンシティにあるアマイア・ランド社の最初の中層マンション開発です。大都市セブ、マンダウエの3つの都市の1つに対するアヤラランドの住宅プロジェクトです。​南北のタワーと9階建ての高層ビルで構成される アマイア ステップス マンダウエ には優れたデザインのユニットが576ユニットあります。コンドミニアムには、​スイミングプール、子供の遊び場、造園された庭、多目的ホールなどのアメニティ施設があり、活気のあるライフスタイルを実現できます。価格帯は、290万ペソ(日本円で約650万円)~440万ペソ(960万円)となっています。

また、​ラグナにある Amaia Steps NUVALI は、フィリピン初のエコ・コミュニティ開発を目指した、アヤラランドの2,290ヘクタールのタウンシップ・プロジェクトである NUVALI における、初めての手頃な価格帯の中高層住宅開発となっています。​4階建てと6階建ての建物を組み合わせた Amaia Steps NUVALI は1,140ユニットを擁し、​2.8ヘクタールの敷地の中心には、スイミングプール、バスケットボールコート、子供の遊び場、クラブハウスなど、活気に満ちたライフスタイルの拠点があります。こちらは、300万ペソ(日本円で約650万円)~710万ペソ(1500万円)にての販売となります。

執筆者: ユーリ

Copyright© フィリペディア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.